トップ «前の日記(2011-10-26) 最新 次の日記(2011-11-01)» 編集

Public Diary


2011-10-27

[MBA][講義メモ][MSP] ボトルネックとリトルの法則

ボトルネック

ボトルネックは、もっともサイクルタイムの長い工程を指します。ここに資源を割り当てることにより、サイクルタイムを短くし、全体としてのサイクルタイムを改善することができます。換言すれば、ボトルネック以外の工程に資源を投入しても、全体のサイクルタイムは改善されません。

リトルの法則(Little's Law)

在庫として工程上にある製品数(I)、工程のプロセスタイム(T)、スループットレート(R)が与えられたとき、I = T * R という関係が成り立つ、というものです。

たとえば、携帯電話会社のT-mobile社の顧客数が1140万人、月々の解約率 3.0% が与えられたとき、I=1140万人、R=1140万人×3.0%=34.2万人/月、とすると、T = I / R = 33.3か月となり、平均的な契約期間が33か月とわかります。

リトルの法則は、注文の待ち時間、物流、カスタマーサービスの所要時間、キャッシュサイクルなどにおける平均的な滞留時間を、時間そのものを計測することなく推定するための法則、と言い換えることができます。


1980|03|
1986|04|
1998|04|
2002|01|11|
2003|03|04|05|07|08|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|02|03|04|06|07|08|11|12|
2008|01|02|03|04|06|07|08|09|10|
2009|01|12|
2011|05|10|11|
2012|01|02|10|