トップ «前の日記(2011-10-20) 最新 次の日記(2011-10-25)» 編集

Public Diary


2011-10-24

[MBA][講義メモ][OTD] 組織の拡大と縦割り化(1)

・ケース The Rise and Fall of the J. Peterman Company*1

The J. Peterman Companyは、1987年にJohn Peterman氏によって設立された衣料品通信販売の企業です。小規模な会社でしたが、少しずつ規模を大きくし、1997年頃には収拾が付かないくらいの規模になり、1999年1月、連邦法11章(チャプターイレブン)に基づく再生手続きを行いました。本ケースは、この経験に基づくPeterman氏自身のメモによるものです。

このケースを通じて、組織の拡大と成長により、

  • 組織内調整の失敗
  • 組織のカルチャー共有の不十分

といった問題が発生することを学びました。また、組織がどのようにして拡大(肥大化)を求めていくのか、といった一例を観察しました。その上で、結論として、ガバナンスがいかに重要で、そのようにビジョンを共有していくべきか、といったことについて論じました。

同様の例として、スターバックス社が、創立者の退陣とほぼ同時期に店舗数を急激に増やした結果イメージが低下してしまい、その際に創立者がどのように指揮を執ったのか、というケース*2も紹介されました。

*1 Peterman, J. (1999). The Rise and Fall of the J. Peterman Company. Harvard Business Review, 77(5), 58-66.

*2 Maney, K. (2009). How starbucks lost its fidelity. CNNMoney, 9/16. http://money.cnn.com/2009/09/16/news/companies/kevin_maney_starbucks.fortune/index.htm


1980|03|
1986|04|
1998|04|
2002|01|11|
2003|03|04|05|07|08|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|02|03|04|06|07|08|11|12|
2008|01|02|03|04|06|07|08|09|10|
2009|01|12|
2011|05|10|11|
2012|01|02|10|