トップ 最新 追記

Public Diary


2008-01-01

[雑記] 新年おめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いします。

[雑記] 年賀状の句読点

先日の日記では、年賀状に句読点を打たない理由を「慶事を終わらせない」とまとめたけれど、実際には違うところにあるようだ。

もともと毛筆(縦書き)の世界には句読点を打つという文化はなかったが、明治時代に入ってから欧米文化圏の影響を受け、縦書きにも句読点を打つという習慣が出てきた。一時期、手紙において、硬筆によるものが略式、毛筆によるものが正式という分類がなされていた頃、当然に毛筆の手紙には句読点は打たず、このあたりが「句読点を打たないのが正式」と言われる所以で、時代が下り正式な手紙においても硬筆が使われるようになっても、この考え方が残っているものと思われる。

一方、現代の国語教育では句読点を打って文章を読みやすくすることを推奨しており、毛筆時代の文化は若い人々を中心に忘れられつつある。句読点を打たないのが正式だとされていた時代はあっ他かもしれないが、現代において句読点が打たれた手紙が略式であるとか、そういった手紙を受け取ったからといって見下されているとか、そう考える必要はない。ただし、年配の方へ縦書きの手紙を送る場合は、そういった文化的背景を考慮したほうが良い。

さて、こういった考察をふまえて年賀状を見ると、確かに年配の方のほとんどの年賀状には句読点はなく、また、筆状のもの(もはやペン筆だと思いますが)で縦に書かれている。一方、若い人の年賀状はペンで横向きに書かれており、句読点を打つものも多い。そこで、とりあえずの分類として、

  • 縦書き→筆を利用するなら句読点を打たない。ペン書きであれば句読点は打っても良いし打たなくても良い。
  • 横書き→ペン書きすることが多い。句読点を打っても良い。

となるようだ。

そもそも毛筆で○を書きにくいということもあるし、当然といえば当然かとは思う。


2008-01-02

[雑記] 初滑り

岡山県新見市の「いぶきの里スキー場」で今シーズン初滑り。

積雪は80cmくらいとのことだったけど、途中で排水溝のようなものがゲレンデを横切っていて、その部分だけ陥没した状態になっていて危なかった。実際、スノボではまってしまった。スピードが出ていなかったので特に怪我はしなかったけれど、スピードが出ていたらかなり大きな事故になっていたと思う。

進入禁止にするとか、そもそも雪が降る前にフタをかぶせておくなどの措置が望まれる。このままだと、積雪が1mに満たないときには危ないスキー場、というイメージは払拭できない。

あとは、サラサラの粉雪で滑りやすいのはいいんですが、あっという間に踏み固められてしまい、特にリフト乗り場周辺は非常に転倒しやすくなっていた。リフトの待機中に転倒する人が続出しており、もうちょっとなんとかならないものかとも思った。


2008-01-05

[] 新年会

新年会@JSF。

大学を出てからこの数年間、ずっと第三者的な立場で見守ろうと考えていたけれど、若い人同士の求心力というか団結力というか、そういったものが年々薄れているように思えてしょうがない。

カリスマ的開発者が事実上一人で開発する現在のスタイルは、たしかに効率は良く品質も向上するんだろうけど、若い人の「自分も参加できる」という意識こそがモチベーションにつながっていくので、そういう意識をどうやって発掘していくか、が運営側の手腕の見せ所だろう。が、辛口のことを言うなら、今はそういったところまで配慮されておらず、運営側は学生たちを単なる労働力としてしかとらえきれていないように見える。


2008-01-11 06:20

[プログラミング] Unix Time = 1200000000

2008年1月11日 06:20:00 (JST) は、Unix Time がちょうど 1200000000 になる時刻。

$ perl -MPOSIX -e 'print strftime("%Y-%m-%d %H:%M:%S\n", localtime(1200000000));'
2008-01-11 06:20:00

あけましておめでとうございます、12×10^8秒。

ちなみに、1234567890 になるのは 2009年2月14日 08:31:30 のお話。お、バレンタインデーじゃん。

$ perl -MPOSIX -e 'print strftime("%Y-%m-%d %H:%M:%S\n", localtime(1234567890));'
2009-02-14 08:31:30

2008-01-12

[鯖缶] サーバー移転

washitake.com のウェブ部分を、従来の専用サーバから共有サーバへと移転。まぁ専用サーバと言ってもサークルのような団体で共有していたわけで、使える容量が少し減った点以外はサーバとしての状況は変わらない。

ただ、root 権限がなくなったので不便なところが若干。データ移行の際にエラーログなどを参照できなかったりして、デバッグに時間かかった。もちろん root 権限なくてもエラーログが読めれば良いのですが、そうもいかないか。

日本時間で 04:00 頃DNSを変更したので、たぶん数時間以内には切り替わるんじゃないかと。あとはメール部分の移転が終われば完了、かな。


2008-01-15

[鯖缶] 固定IPアドレス@Bフレッツ

今まで自由に使えていたサーバーの代わりとして、20GBくらいのオンラインストレージがほしい。要求仕様は高くなくて、

  • 24時間365日使える必要はないが、ベストエフォートでそこそこ使えるべき
  • 独自CGIが使えるべき(写真等公開用CGIなど)

といったあたり。レンタルサーバーで20GBってのを探してみたけど、意外とお値段がかかってしまってだいたい平均4000円/月くらいが相場っぽい。だったらほぼ24時間動いている自宅のWindowsマシンでApacheを動かすってのも一つの案として入ってくる。が、電気代とかあって結局どれが一番安くて美味しいのかがわかりづらい。

というわけで、ここで整理してみる。

いまメインサイトだけは24時間動かす必要があるのでレンタルサーバー(3GB/1500円)を使っているので、これを統合することも考えつつ、自宅のネット環境も含めた合計の通信費用をおおざっぱに見積もり。なお、特に明記していない場合のお値段は毎月の料金。

  • レンタルサーバー(共用)
    • だいたい500円/GBくらいで、10GBを超えると高くなる。
    • 海外だと半額くらいだけど、round-trip timeが国内の10倍くらいなのでsshログインするとレスポンス悪い。AITで$5(≒550円)あたりが最安っぽいが、telnet/sshログインは不可。相場は2000円くらい。
    • 自宅のPCでは結局プロバイダ料金(3550円)がかかるし、そこそこ電気代もかかる(500円?)。
    • ただし運用中のサイトを統合できる。
    • なんだかんだで合計4600〜7000円くらい。
  • 自宅サーバー@固定IP
    • さくらインターネットが800円/月くらいで固定IP。
    • さくら/ASAHIは逆引きDNS設定不可。インターリンクが1500円/月で逆引きもOK。
    • NTTにフレッツ料金2500円+モデム代350円が必要。
    • 稼働しっぱなしだと電気代は900円くらい。
    • オンラインゲームとかするなら帯域の競合に注意。
    • 稼働中のサイトを統合できないので1500円必要。
    • 合計で6050円(逆引きあり6750円)。
  • 自宅サーバー@動的IP
    • まぁ結局これが一番安いのか、と思いきや。
    • @niftyを利用で3550円+モデム代350円。
    • 電気代は900円で計算。これも帯域に注意。
    • 運用中サイトの統合不可+1500円。
    • 合計6300円。あれ、固定IPより少し高い?(プロバイダの違い)

あれ、意外と共用サーバーで安いのを探すってのが一番安そうだなぁ。自宅サーバーだと、これ以上は削減できない部分も大きいし、夏は電気代というか空調を入れっぱなしにしなきゃいけないのが痛い。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

fjsg [わしもレンタルサーバを探した方がええと思うね。 何か自宅サーバでなければならない理由がないならなおさら。 # とわし..]

wassy [coreserver.jp が15GBで500円/月で、しかも ssh ログインできるっぽいのでとりあえずサインアッ..]


2008-01-16

[ネット] au、Eメール同報送信宛先数を30件に拡大 (CNET)

KDDIおよび沖縄セルラーは1月8日、au携帯電話のEメール同報送信宛先数を30件に拡大することを発表した。1月16日午前10時より実施する。
au携帯電話のEメール同報送信宛先数は、迷惑メール業者が同報機能を利用していることを受け、2003年9月18日より1回あたり5件に制限していた。同社では、メールフィルター機能の拡張や、1日あたりのEメール送信数を1000件に制限する機能によって迷惑メールが減少していることから、制限を緩和したという。

[CNET 2008年1月8日より引用]

というわけで、今まで au の携帯電話からメールを送信するときに宛先に5件以上含まれると送信に失敗していましたが、本日より一斉に送信できる宛先の件数が30件まで増えました。

うちの同期って8人いるから、全員に何か送るときに2回に分ける必要があったのだけれど、今後はその必要はなさそうです。しかし、よく考えてみれば「とばっちり」ですよねぇ…。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

ぷらっそ@MIXI [3ヵ月後には同期の数はまた増えるのかもし、嬉しい30名に改善? デジタルなノイズに強くなった携帯会社というイメージ..]

wassy [30名までなので、同期30人に一斉送信ってのもできますね!! でも、CDMAの特性として、接続できないことが多すぎる..]


2008-01-17

[地球科学] 13年目

13年という歳月は長いようで短い。人々は忘れてしまったかのように見えて、でもしかし記憶には深く刻まれていて、単に口を閉ざしているだけだ。

阪神淡路大震災から13年。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。あの地震をきっかけとして地球科学、とくに地震分野へと進んだ人がたくさんいます。


2008-01-19

[雑記] 寝ぶっち

今日はTOEFLを受験…の予定が、久々に寝ぶっちしてしまった…。

TOEFL高いのに…。起きる気まんまんでアラームをセットしていたのに、肝心の携帯が「おやすみマナーモード」(アラームは鳴らない)になっていて、起きたら試験開始時刻だった。アラームが鳴らないお休みマナーモードって前提条件間違ってるだろ。(ちなみにW42SAという携帯電話は、どのマナーモードもアラームが鳴らないようになっている)

[ネット] 携帯電話でSquirrelmail

デモサイトを用意。

しかし、au はフォームを送信するときに誤ったエンコードを施す(なぜか multipart/form-data と言いながら www-form-urlencoded で返す)ので、その処理がちょっと大変そう。au に合わせると他の携帯に合わせられないし…。今後の検討課題。まぁ携帯電話からの添付ファイルをあきらめて、本家ソースを修正すれば問題はすぐ解決するんだけど。


2008-01-29

[] Chinois

かつての上司に連れられ、渋谷のシノワ(Chinois)へ。

渋谷は大学の前半を過ごした街。当時は特に何も感じなかったけど、渋谷という街はやっぱり若い。平日の平均年齢は20歳ってところか。今の自分には少し場違いな気もするのは、自分が大人になったからなのか、それとも大学1〜2年生の頃に対するコンプレックスなのか。30歳を目前に、自分にあう街は新宿や横浜なんだろうかとも思ったけど、横浜が25歳の街のような気がするのは、単にそのくらいの年代を過ごしたからなのか。

まぁ、四捨五入して30歳になる者にはそれなりの渋谷の楽しみ方もあるんだろうと思うけど、しかしいま渋谷で一緒に遊ぶ相手なんていないよなぁ。

最近、酒を飲むと馬鹿騒ぎするか仕事の愚痴を聞くか(自分では言わないようにしているが…というか、愚痴を言うほど仕事をしていないだけかもしれない)で、人生の悩みだとか哲学の話だとか、そういった一つの話題に絞って延々と夜遅くまで飲むという機会が極端に減った。議論をしながら飲むのは大人の飲み方だと思っていたが、むしろ若い飲み方だったとでも言うのか。愚痴を聞くしかないのか。そんな大人の飲み方しか残されていないなら、まだまだ子どもでいたい。

そう思うと、学生時代に戻りたくもなる。


2008-01-30

[雑記] Two days a day

とある日記で

4時間寝て8時間活動、それを繰り返す。
1日に2日分の仕事が出来ると言う。

という記述があって「あぁ確かに」と思ったが、しかし会社勤めの平均的なサラリーマンには難しい。

自分の場合は、エンジンがかかるのが遅いということもあって殊更に難しく、結局4時間寝て20時間活動のほうが効率が良かったりする。

[雑記] ITPro EXPO 2008

今日は仕事の関係でITPro EXPO 2008へ行ってデータセンターなどの情報を収集したり人と会ったりしたけれど、業務とは認められないので個人的に有給休暇をとっていた。

どうせ17時までやってるし、と思って昼近くまで寝てしまったのが災いしてか、睡眠のリズムが狂ってしまったらしい (いま27時)。しかも翌日は木曜日のはずなのになんだか月曜日のような気がするし、感覚がおかしくてしょうがない。

ITPro EXPOのほうはというと、データセンター関係で面白い話が聞けるかと期待したのに、どこもブレードサーバーで省スペース&省電力、といった話ばかりで耳にタコができそう。実際、ブレードサーバーを採用したところで省電力になるわけではなくて(空調の効率化はできると思うけど)どう業務スタイルをシフトさせていくかがカギだと思うのだけど、「もっと環境負荷の低い業務スタイルへ移行するためのコンサルティング」といった提案をするSIerはほとんど無かった。現在の業務スタイルありきでは、ペーパーレスの矛盾と同じく、ちっとも環境負荷低減は進まないはずだ。

困った点としては、EXPO用の携帯電話サイトが用意されていたらしいが、結局URLはQRコードで取得するほかに手段はないようで、いざ現地で携帯電話によるGoogle検索を行ってもちっともひっかからなかった。

QRコードは便利だけれど、それはHTMLの世界ではハイパーリンクとは違ってただの画像にすぎず、検索エンジンはピックアップしてくれない。期間限定のイベント用のサイト(特に携帯用サイト)を構築するなら、あらかじめ予告ページを用意してハイパーリンクを施した上で、その期間限定サイトには「このサイトは○月○日からご利用になれます」とでも記載しておくべきだろう。こうしておけば、当日になって携帯電話でGoogle検索すればとりあえず目的のサイトに誘導される。

ちなみに、携帯サイトのURLは http://itpromobile.jp/ のようだ。わざわざ隠蔽するほどのものではないと思うのだけれど。


1980|03|
1986|04|
1998|04|
2002|01|11|
2003|03|04|05|07|08|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|02|03|04|06|07|08|11|12|
2008|01|02|03|04|06|07|08|09|10|
2009|01|12|
2011|05|10|11|
2012|01|02|10|