トップ 最新 追記

Public Diary


2006-05-01

[開発] ctime

今までずっと ctime = created time (作成時刻) だと思ってたんですが、あれって changed time (変更時刻) だったのね。道理で。

wassy> touch test && ls -l --time=ctime test
-rw-r--r--  1 wassy wassy 0 2006-05-01 00:00 test
                                       ^^^^^
wassy> cp -p test test.new && ls -l --time=ctime test.new
-rw-r--r--  1 wassy wassy 0 2006-05-01 00:01 test.new
                                       ^^^^^
wassy> chmod 400 test.new && ls -l --time=ctime test.new
-rw-r--r--  1 wassy wassy 0 2006-05-01 00:02 test.new
                                       ^^^^^

chmod とか chown とかでも ctime が変わるところがミソ。属性を変更した日付、すなわち変更時刻だそうで。一方で、普通に ls -l して表示される mtime の方は modified time で「修正時刻」。

[参考]

ただ、Windows の ctime は Created Time のような挙動をするんですよね。実際「作成日時」だし、所有者変更しても DIR /TC (ls --time=ctime に相当、のはず) の出力は変わらないし。


2006-05-02

[] 銀座 祭や

高校の頃の音楽部仲間が「銀座で(安く)飲みたい」というので、コリドー街へ。高級クラブはないけれど、ここも一応銀座。週末(ゴールデンウィークの連休前日)で地上はどこも人がいっぱいだったので、地下のお店を探して日本酒メニューがそれなりに充実していた銀座 祭やに入る。店の入り口は結構狭いけど、中は地下とは思えないほど広々としていて、なんとか二人で座れる程度のスペースは確保できた。

ここは魚と焼き鳥のお店、ということで串をいくつか注文。その間にビールやら日本酒やらをそれなりに飲む。鳥串は値段のわりにいまいちだった。串あたり一本60円とかで相当に旨い串鐵とかに慣れてると、こういうのをちょっと高く感じちゃう。もちろん場所が変われば値段も変わるとは思うし、むしろ串鐵が安すぎると知っちゃいるんだけど、ただこの値段でこの味かぁ、という感じは否めない。刺身はそれなりに旨かった。 この店で特筆すべきは、さっきも書いたけど、酒のメニューの多さだと思う。日本酒は普通(やや高め)なんだけど、特に焼酎は結構バリエーションが広くて200種類を置いているそう。居酒屋としてこの量を常備してあるというのは好印象。焼酎好きならハマるんだろうなぁ。

そんなこんなで一人3500円。まぁ銀座で飲んだにしちゃ安いじゃん。


2006-05-03

[] ヨーロッパの写真

一部公開を始めました

なるべく5月中(記憶がなくならないうち)に、2月〜3月までの間の写真を公開していきたいと思っています。


2006-05-09

[] 表参道が空港に

表参道国際未来空港

面白そう。 来週の土曜日、渋谷に行ったついでにでも寄ってみようかな。


2006-05-11

[雑記] 今日の教訓

「『UNIX』と『UNIX風OS』は、似ているようで全然違う。」

…お、5・7・5・7・7っぽいぞ。


2006-05-12

[雑記] ひまわり7号

運輸多目的衛星新2号(ひまわり7号)による地球観測画像について(気象庁)。

200605110200

こういう写真見ると、地球ってキレイだなぁと思うのです。可視画像なんだからもうちょっと明るくても良さそうな気もしますが。この写真、台風1号も写ってますね。西へ移動中。


2006-05-13

[開発] ctime, mtime, atime

この前も同じようなことを書いたのだけれど、 ctimeってちゃんとした情報を見ると change time とか inode change timeって書いてある。決してcreated timeではない。

が、ITmedia の記事 とかを読むと、平気な顔して

UNIX系のシステムでは、ファイルの持つタイムスタンプ情報に「修正時間」(mtime)、「作成時間」(ctime)、「アクセス時間」(atime)情報がある。それぞれには、次のような条件で管理されている。

[ITmedia エンタープライズ: Linux Tipsより引用]

とか書いてあるんですよ。ちゃんとマトリックスには

ctime…作成時間。指定日数内に属性変更されたファイル

[ITmedia エンタープライズ: Linux Tipsより引用]

って書いてあるから、記者が知らないってわけではなさそう。でも、それだったら「作成時間」じゃなくて「変更時間」だろう、と*1。一体、いつ頃から ctime を作成時間と呼ぶ人が出始めたんだろうか。

Googleで見てみると、海外のサイトは概ね "change time" と説明しているのに対し、日本語のサイトは概ね「作成時刻」と言っている。きっとどこかで勘違いして誤訳されたんだろうなぁ。MS-DOSの影響かもしれないけど、一体いつ頃の話なんだろう。

*1 ついでに言うと「時間」じゃなくて「時刻」だろう、と思うのだけどここでは省略

[音楽] C+C+C=D?

最近、ようやくCCCDを買うようになってきた。むしろ今までプチ不買運動してたので、不足分を補充するかのように買ってます。もっとも、SMEやAVEXがCCCDから撤退表明してるので今後見ることも減っていくんだろうけど。

今はCD類はいったん全部iTunesでリッピング(取り込み)をしてiPodに転送してます。が、CCCDも普通にリッピングできちゃうんだよねぇ。リッピングできる以上CCCDの唯一のメリットである「コピーできないので著作権を守れる」という部分が消えるわけで、そうするとCCCDの音質の悪さと可用性の低さいうデメリットだけが足を引っ張ります。コンテンツ保護のために音質や可用性を犠牲にしながら実際にはコンテンツは保護されない、そんな不便を強いるだけのCCCDって好きになれなかったんだけど、最近はどうでもよくなってきた。自分の手元では普通に再生できるんで。発売元も撤退するって言ったし、もうささやかな不買運動しなくてもいいやと。

というわけで、最近Sony Music ShopでCCCDを注文してみたんですが、いやぁこれだけ音楽を取り巻く環境が変わっているのにこの会社は殿様商売から足を洗う気はないんあなぁ。5月1日に注文して「在庫の確認に2〜3日かかります」っていうメールが来ました。オンラインショップの在庫確認に何日もかかるってだけで十分驚きなのに、商品が到着するまで注文から1週間かかったというのが驚きです。クラシックとかならともかくJPopsのCD類が手元に届くのに一週間もかかるって、ここは日本ですか? amazonならたぶん翌日に届いてたはずなのになぁ。まぁ逆に日本の中間流通業者(amazonとかね)って偉いなぁと思った。

[開発] SourceForge.net: CVS service offering changes

こんなメールが来た。

Greetings,

You are receiving this mail because you are a project admin for a SourceForge.net-hosted project. One of our primary services, CVS, suffered a series of interrelated, critical hardware failures in recent weeks. We understand how frustrating this CVS outage must be to you and your users; however, our top priority remains preservation of the integrity of your data.

The series of CVS hardware failures prompted us to expedite the deployment of planed improvements to our CVS infrastructure, drawing upon much of the knowledge that we gained from our Subversion deployment. Our improved CVS service architecture, which we plan to deploy tomorrow afternoon (2006-05-12), will offer greater performance and stability and will eliminate several single points of failure.

The Site Status page (https://www.sf.net/docs/A04) will be updated as soon as the new infrastructure is rolled out. In the interim, please read the important information provided below to learn about how these changes will affect your project.

(中略)

For a full description of the new service offering, and for information on how to use the services described above, please refer to the site documentation for the CVS service after the service has been launched: https://www.sf.net/docs/E04

Thank you,

The SourceForge.net Team

ふむ。まぁ、確かに重かったですね。


2006-05-14

[音楽] 千葉県内のオーケストラ・交響楽団

トロンボーンを募集しているところはないかなぁと思って調べるわけですが、当然ながらGoogleやYahoo!なんかのキーワード検索だと「トロンボーンを募集している千葉県内の交響楽団」というメタ検索ができないので探すのに時間がかかります。

で、とりあえず定番のアマチュアオーケストラのサイトFreudeなんかで団員募集をしている団体を探してみるんだけど、いまいち千葉方面の募集で、かつトロンボーンを募集していて、かつ市民オケ(大学系のオケじゃない)を探すっていうのは難しいね。絞り込んでいきたいのだけど。ミクシィのオーケストラコミュニティで探り当ててもらおうかと思ったけど、いくつもの団体に声をかけてもらってしまうと見学で一巡するのも大変だし、最終的にひとつに絞るときにどうしても遠慮してしまいそう。

しょうがないので前世紀的な方法として、とりあえず千葉県内の任意の団体のウェブサイトを開いて、そこからリンクしている団体を繋げて…といった方法をとってみた。これなら千葉県内に限定して探せる。そしてこの手の一般演奏団体のウェブサイトって必ずと言っていいほど「団体の紹介」「団員募集」のページがあるので、さっくりトロンボーンを募集している団体を抽出できた。特に千葉交響楽団協会のサイトは役に立った。

で、今検討しているのは全部で9つ。

というわけで順次問い合わせ中。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

ぷらっそ [僕も同じような模索をしたよ。 「浦安市のサッカー団体」 サッカーができればよく、こだわり無かったので 浦安に絞った結..]

wassy [やっぱり場所から探すべきなんだよね。きっと。 オケって、トロンボーンは出番が少ないだけに、どういうオケかというのがと..]

高橋幸子 [クラリネット募集してるところ 探しています。]

wassy [うーん、そんなわけで、楽器からではなく住所から ネットで合いそうな団体を調べてみるのが良いかと。]


2006-05-16

[雑記] メール

しばらく音沙汰のなかった人から、嬉しい便り(メール)が。

仕事が始まって新しい生活にも慣れ、落ち着いたようで何より。なんかこう「就職して一段落した」とかいう話を聞くと、春が過ぎて初夏が訪れたんだなぁという感じがします。

spamに紛れて、危うく削除しそうだったのはここだけのヒミツ☆


2006-05-17

[] maru 2階 (八丁堀)

定例飲みのメンバーが「小学校からの幼なじみがここで働いている」と言うのでここで飲む。よく「スペイン風バル」と紹介されているようだけど、メニュー自体は洋風居酒屋。でも、確かにバルセロナのバルのようなワイワイ感(?)はあった。(とはいえ、バルセロナで寄ったバルはもうちょっとバー+居酒屋っぽいイメージが強いし、こんなに長居するためのお店じゃない)

Jamon Serrano

一杯目は「本日のおすすめ」のスパークリングワイン。あとはキリン一番搾りと、イスラエルのワイン Yarden の Cabernet Sauvignon。つまみには、カウンターの目の前にあった Jamon Iberico。スペイン旅行で検疫で没収されてしまった痛い記憶が蘇ります(苦笑)。ちなみに写真は Jamon Serrano で、Iberico種とは味も見た目も違いますね。

それほどフードメニューを頼んだ覚えはないけど、あっという間に腹一杯になった。こんなペースで腹一杯になるなんておかしい。料理が旨すぎるんだろうか。

お店の名刺をもらったけど、URLも書いてないし実際検索しても出てこないのでお店の公式ウェブサイトっていうのはないんだろうな。もともとは「Liquor shop 宮田屋」というワインに強い酒屋さんが、その場で買ったお酒を飲めるようにスタンドバーを作った(コレが1階のStand bar maru)のが始まりで、これが好評を博したので2階に "maru 2階" というお店を作ったんだとか。

名刺より:

  • 1F Stand bar maru (tel 03-3552-9210 営業時間/月〜金 17:00-23:00)
  • 2F maru 2階 (tel/fax 03-3552-4477 営業時間/月〜金 17:00-23:00)
  • 東京都中央区八丁堀3-22-10

2006-05-20

[GREE] 楽団GREE

GREE上で立ち上げた「楽団GREE」をmixiで見つけ、行ってみた。

人数は少ないし楽器に慣れてない人は多いし、オーケストラで古典の練習をするような雰囲気とは180度近く方向性が違っていたように思います。本来の人数に全然足りないし技術もそんなになくて、リコーダーとか普通じゃない楽器だけは揃っていて、やりたいようにやっていく。---まるで高校時代の音楽部でした。懐かしい。そういうノリいいなぁ。2年くらいしてこのままだとさすがに飽きるかもしれないが、とりあえず今は楽しい。また次回も行ってみよう。

新しい音楽団体をやっていく時、「経験者」と名乗ってしまうからには最低限の技術は求められているのかなという気がしました。一人でソロを吹くのならともかく、複数人で音楽をやる以上は(メチャクチャ巧くなくてもいいから)最低限は演奏できる必要があるというか、技術に余裕がないと純粋に音楽を楽しめないというか。技術を問わない自由を求めれば求めるほど、技術力が足枷になっていくような気がします。この矛盾はどうしてもなぁ。まぁ、だからこそ音楽を楽しむというのは人それぞれの価値観があって、なかなかまとまった方向を向くのは難しいのですが。

[GREE] GREEはじめました

楽団GREEは当然にGREE上でスケジュール調整等を行っているようなので、招待状をいただいて参加。まぁmixiやってると、今さら感もありますが。

さっそく登録してみたら、プロフィール編集した直後に知らない人からメールが来た。ランダムにアクセスしてみたんでしょうか。初メッセージをすぐにもらえて嬉しかった。でも、「中間テスト」とかいう単語が懐かしすぎる…。たまにとりとめもない話をしたいものです。

日記をこれ以上増やすのは無理なんで、とりあえず公開用ウェブ日記を gree に転載するってことにしてみました。でも、友達制限みたいなものがあるので、greeのことはgreeに書いた方がいいのかなぁという気もします。もうちょっと様子を見て考えます。


2006-05-21

[雑記] 表参道

晴れていたので、表参道へ。 出かけたのが遅く、せっかく晴れたのにいい写真も撮れず。

表参道。

本当は表参道国際未来空港で何をやっているか見たかったのだけど、時間が遅かったせいか空港の制限ゾーン入り口によくある金属探知器が一つだけ立ってる周りに、コンパニオンっぽい女性が数人おしゃべりをしているだけでイベントの雰囲気もなかったので、スルーした。通行人がまったく足を止めてませんでした。

あとは適当に殴り書き。

  • 表参道ヒルズ:まぁラフォーレみたいな印象を受けました
  • 新大久保の管楽器専門店:日曜日は18時閉店というのを知らずにだいぶ過ぎて行ったら目の前で閉店になりました
  • 新宿コムサ:「コムサっぽくあんな感じで」とジョーク*1を言ったのですが、店員さんにはスルーされました

*1 マジレスすると、フランス語で "comme ça" は英語で "like this"、日本語でいうと「そんな感じで」とかいう意味になります

[tDiary] 対tDiaryワーム?

213.107.224.1? - - [22/May/2006:00:40:02 +0900] "GET /diary/public/ HTTP/1.1" 20
0 20307 "http://www.washitake.com/diary/public/./" "Mozilla/4.0 (compatible; MSI
E 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)"

こんな感じのログが一日数十件ほど来てます。IPアドレスを調べるとヨーロッパとアメリカ合衆国が多いようです。なんかワームでも流行ってるんでしょうか。DoS的に大量のアクセスが集中しているわけでもなく、referer spam のように変な情報を残すというわけでもないので今は気にしないでおこうかと思いますが、これが何かの前兆ならいやだなぁ。


2006-05-27

[雑記] 雨の日の上野の森

上野で友人と待ち合わせ。時間があったので上野の森を散策。

雨の日の上野。パンダ橋より南方面を望む。 あいにくの雨天。天気予報によると、これから夜にかけてもう少し激しく降るかもとのこと。でも、この季節は小雨くらいがちょうどいいかも。大人っぽくて女性的な街ほど、雨に濡れてしっぽり艶やかになるのかも知れません。

パンダ橋とパンダ石。 パンダ橋とパンダ石。「パンダは上野をイメージし、子供から大人まで広く愛されています。この橋の名は、温か味がありかつ覚えやすいことから公募により決まりました。なお、この石は接触変成岩(せっしょくへんせいがん)のひとつで、花崗岩(かこうがん)マグマが上昇中に砂岩(さがん)や頁岩(けつがん)などをとりこんでできたもので、白と黒のコントラストの面白さからパンダ石と呼ばれています。---台東区」(説明文より)

小径を歩いて上野の森へと吸い込まれ… 雨に濡れる花。

何年か上野の近くに住んでいたけど、実は上野公園の上野の森部分には足を踏み入れたことはありませんでした。上野動物園や文化会館などには入ったことがあるのだけれど。

森の入り口はちょっと神秘的で、雨がしとしと降る中で、やって来た人たちを静かに待っていました。

清水観音堂。清水の舞台から飛び降りる…と言いますが、本当に飛び降りてはいけません。

道を歩いていると、ところどころに朱塗りの建物がちらほらと見える。観音寺や稲荷神社などが点在している模様。ちなみに写真は京都の清水寺をイメージして作ったという清水観音堂。京都では、清水の舞台から飛び降りるという故事を真似て飛び降りた方がいましたが、この舞台から飛び降りるとどうなんでしょうか。ちょっと高低差が少ないかな。

奥へと続く真っ赤な鳥居。どこまで続くのだろう。 鳥居の上に置かれた石。誰かが投げた…?

もっと進むと、鳥居がありました。奥へ奥へと真っ赤な鳥居が重なっています。鳥居の中には、貫(ぬき)に石が乗せられているものも。誰かが投げて乗せたんでしょうか。何かの願掛けでしょうか。

お稲荷さんがいたるところで出迎えてくれる。 お稲荷さんがいたるところで出迎えてくれます。狛犬もりりしくていいけど、お稲荷さんはどこか愛嬌があって親しみを覚えます。でもここのお稲荷さんはちょっとだけ表情が厳しい。何か上野の人々に静かな怒りを持っているのでしょうか。それとも何かを憂えているのでしょうか。

パゴダもあった。ここは一体なんの宗教的設備なんだろう。 大仏様の横で、大仏様が見ているものを撮影。

さらに進むと、パゴダのようなものがあります。先ほどの神社とは当然に関係ないのでしょうが、一体何を祀っているのでしょうか。

パゴダの方向を向いて、大仏様の頭部だけが設置されています。もともとは体もあったようですが、地震で頭が落ちてしまい、体部は解体され戦時に使われてしまったとか何とか。そうやって作られた武器等で人を殺していいのか。

[] くいしん坊大将 (日暮里)

上野からいわゆる「やねせん」(谷中・根津・千駄木)を歩いて日暮里駅に着いた。日暮里駅ってしっかり飲めるお店が少ないんだよなぁと思い出しながら、周辺で飲めそうなお店を探したときの記憶を辿って、駅前のくいしん坊大将 日暮里店に入る。17時に開店したばかりで、先客はちらほらいる程度。二人だったので2階にある2人用個室のようなスペースに通された。他の客席との間には簡単な間仕切りがあり、入り口はのれんがかかっている感じ。個室にありがちな閉塞感もなく、わりと快適な空間。

最初はとりあえずいつものようにビール。あとは日本酒に切り替えて、八海山とかじょっぱりを飲む。自分では頼まなかったけど、珍しいものとしては加賀鳶(山廃純米)があった。客入りが少なかったせいか注文をするとすぐにお酒が出てくる。お酒もなみなみと入れてくれ、かなり気持ちよく飲め、結局25時の閉店まで居座ってしまった。いくら日本の居酒屋とはいえ8時間も居座ったのは初めてかも。グルメウォーカーによれば夜の予算は3000円くらいのお店のはずなのに、一人あたり5000円もかかってしまった。まぁ、それだけたらふく飲んでりゃ十分元はとれてると思いますが。

途中で勢いあまって焼酎を頼んでしまい、結局翌日は二日酔いになってしまった。今までで二日酔いは2回目。ちょっとだけ後悔。焼酎だとあとに残らないとかいうけど、結局焼酎を飲んだときだけ二日酔いになるんですよね…。

くいしん坊大将 日暮里店


2006-05-29

[セキュリティ] 法制度

ふと思いついたんだけど、結局道路交通法でいう整備不良車両の運転の禁止のように、ウイルスを撒き散らすPCの利用者を整備不良PCのネットへの接続の禁止とかの名目で一斉に取り締まれないもんだろうか。不正アクセス禁止法の延長あたりでどうにかなるような気がする。

(補足)

もちろんそんな議論が昔からあって、他にも自動車と同じくインターネットも免許制にしたらどうかとかいう話もあるのはわかってて、それでも現状を見るとどうも整備不良あたりで決着するのがよさそうだなぁと思うのです。


2006-05-30

[] おいしい食卓 渋谷じゃんか (渋谷)

4月の研修で岡山に着任する人と知り合ったのですが、別の研修でまた東京に出てきて渋谷に宿を確保したというので、渋谷で一緒に飲む。どういうところに行こうかと迷ったものの、そんなにお腹減ってないよねぇ、軽めの居酒屋にしよっか、ということでじゃんかへ。この店、むかし渋谷でバイトしてた頃は結構気に入ってて何度か行ったけど、その後自分の生活拠点が上野周辺に移ってからはさっぱり行かず、就職してからの2年も含めると実に5年ぶりの再訪。

この店はいったい何が旨かったっけなぁと思いながらメニューを見ると、まぁいろいろと思い出しますが、そういえば炙り物とか焼き物が旨かったなぁと思って、数点注文。ほかに、あとは地酒と珍味で軽めに仕上げてみました。

そのあと、スターバックスのスコーンが好きだというのでスタバに移動してスクランブル交差点を見下ろしながらコーヒーを飲み、他愛もない高校生的な会話で盛り上がりました。高校からの帰り道に自転車に跨ったままこんな感じで話し込んでたのを思い出します。


1980|03|
1986|04|
1998|04|
2002|01|11|
2003|03|04|05|07|08|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|02|03|04|06|07|08|11|12|
2008|01|02|03|04|06|07|08|09|10|
2009|01|12|
2011|05|10|11|
2012|01|02|10|