トップ 最新 追記

Public Diary


2005-02-05

CDDB(というよりはmp3のIDタグ)とクラシック

iPod を手に入れてから、手元のPops/RockなCDはようやく一通りiPodに移し終わったので、今度はクラシックに着手。

でも、MP3 のIDタグではクラシックはなかなか管理できない。アーティストが指揮者なのかオーケストラなのか作曲家なのか…。曲名だってそもそも1トラックごとに1曲ってわけじゃないから、どこに「Symphony No.2」ってのを入力すればいいんだろうって感じ。MP3のIDタグで曲を管理する iPod の弱点っつーとそこなんだよなぁ。iPod も使い勝手を改良するなら、MP3 の情報をそのまま使うだけじゃなくて、そこにプラスアルファがあってしかるべきだと思うんですけどね。

まぁ、とりあえず自分で判別ができればいいのだけれど、同じ指揮者・同じ作曲者でも演奏年が違う可能性もあるので、結局として

トラック名=楽章など
アーティスト=指揮者/オケ(演奏年)
アルバム名=作曲者: 曲名

とした。たとえば、こんな感じ。

title = Sym4: 1.Adagio-Allegro molto
artist = Karajan/Philharmonia(1955)
album = Beethoven: Symphony 4, 5, Coriolan

でも、なんか違うんだよなぁ…。Beethoven ならいいけど、Bach だとどの Bach なのか(親子とかいるので)っていう問題も出てくるから、できれば人の名前はどこかでフルスペルで記述したい。

だれかクラシックでも対応できるIDv4をつくってくれ…

本気で

いやー、かなり難しい。レーベルとかでもわけなきゃなぁ…。

うちには Furtwangler 指揮フィルハーモニア管弦楽団の Beethoven Symphony no.9 が2枚あるのですが、どちらも同じ演奏会のライブ録音なんだよなぁ…。これを区別するってのも、なかなか…

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

qwerty [自分で作るしか。]

wassy [またそのツッコミか…orz そりゃ自分で作る余裕があれば作りますが… ちなみに、家計簿は着手しております(笑]


2005-02-11

自宅サーバーへの道 (1)

自宅サーバーを構築することを考えてみる。 で、まずは諸経費のうち、電気代。

電気代は1台ごとに必要。電力会社によっていくつかのプランがあるけど、東京電力の場合、1日中動作させるのに一番安いのは「おトクなナイト10」のようで、実際PC1台あたりの消費電力が毎時200W (=0.2[kWh]) 程度だと考えると、

従量電灯B (30A)
   0.20[kWh] * 19.66[円/kW] * 24[h] * 31[日] = 2,925[円]

おトクなナイト8
夜間 0.20[kWh] *  6.3525[円/kW] *  8[h] * 31[日] =  315.1[円]
   昼間 0.20[kWh] * 26.2500[円/kW] * 16[h] * 31[日] = 2604.0[円]
   合計 2,919円

おトクなナイト10
夜間 0.20[kWh] *  6.3500[円/kW] * 10[h] * 31[日] =  393.7[円]
   昼間 0.20[kWh] * 27.7000[円/kW] * 14[h] * 31[日] = 2404.4[円]
   合計 2,797円

というわけで、電気代はおよそ 14円×X[Wh] で計算できる模様。普通のPCなら平均すると150Whくらいだと思うので、大体2100円前後でしょうかねぇ…。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

のもと [なるほど、うちの電気代が高い理由が今になってよく分かりました。(^^;; でもわっしい、税込料金と税抜料金が混在して..]

wassy [ぐあぁぁ… 概算レベルとはいえ、やや税金関係は苦手なようです。 (仕事では機械が勝手に計算してくれるけど、試験とかで..]


2005-02-12

自宅サーバー (2)

次に、ネットワークについて考えてみる。 InterConnect では、固定IPアドレス8個付与で、基本料金(月額)16,590円が必要 (初期費用は今回は無視)。ただし、IPアドレスが8個もらえるとは言っても、そのうちの1つはネットワークアドレスだから、実際には7つしか使えない。んで、1つはクライアントマシーン用に確保しておきたいから、結局残るのは6つ。自分用のは棚に上げて、残りの6つのIPアドレスで費用を割ると、IPアドレス1個あたり 2765円。

で、結局電気代(2100円)とネットワーク代(2765円)を足せば、およそ1台あたり5000円あたりが損益分岐点だと思う。夏には冷房も必要だし。

商用のネットワークで専用サーバーが10,000円あたりから利用できることを考えれば、7,500円なら競争力あると言えるんじゃないでしょうか(ただし初期費用は一切考慮してない)。不動産投資に比べればランニングコストでほとんど消化してしまうので、あまり良い商売だとは言えませんが、とりあえず日本国内にサーバーがある(レスポンスタイムが速くなる)という利点だけは主張できるでしょう。


2005-02-21

自宅サーバー (3)

先日、7500円なら競争力十分という判断をしましたが、しかしさくらの専用サーバーだと月額6800円なんですよねぇ…しかもちゃんとしたデータセンターだし。まぁ頻繁にOSを入れ替えたりはできないけれど、別に自分でリスクを犯して光熱費もかけてサーバーを立てるまでもないんじゃないかという結論に至りますですよ。

というか、自宅のメリットって何なんだろう…


1980|03|
1986|04|
1998|04|
2002|01|11|
2003|03|04|05|07|08|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|02|03|04|06|07|08|11|12|
2008|01|02|03|04|06|07|08|09|10|
2009|01|12|
2011|05|10|11|
2012|01|02|10|