C++でCGIを

はじめに

CGI といえば Perl というのが最近の主流で、普段は C や Java でプログラミングをする人も、 CGI になると Perl を使ってプログラムを組んだりしています。なぜでしょうか?

それは、 Perl での文字列の処理が非常に楽だからです。 CGI の本質は(現在のところ)結局は文字列処理なわけで、文字列が単に配列として定義されている C にはできない様々な芸当をやってのけるからなのです。特に日本人だと文字コードの問題もあって、jcode.pl や Jcode.pm などのライブラリが豊富にそろっている Perl を使いたくなるでしょう。

でも、最近の C++ は、Perl に負けないくらいの文字列処理を、比較的簡単にプログラミングできるようになっています。もちろん、Perl より遙かに高速に動作します。また、プログラムのコードをサーバーに置く必要がないので、万が一プログラム本体を持っていかれてもそこそこ安全です。

僕は C++ でプログラムを書くのが好きだし、もっと C++ でプログラミングをする人がいてほしいと思っているので、少しでも C++ プログラミングに興味を持って頂くべく、このようなヒント集を設けてみた。

ここでは、特に文字列の処理などを中心に解説していきます。目指すは Perl に負けない CGI!…というか、打倒 Perl !

目次

  1. 予備知識
  2. 文字列を扱う
  3. クエリーを扱う
  4. HTMLアンカーをつける
  5. 日本語を扱う
  6. HTMLの雛形
  7. HTTP-Status
  8. [予定] PNG を動的に生成する
  9. [予定] メールを送信する
  10. [予定] 簡単な翻訳機