ねんねトレーニング(1日目)

いわゆる“cry-it out”アプローチによる「ねんねトレーニング」を開始しました。

とりあえず近所のBabies”R”Usでベビーモニターを購入。アメリカのベビーザラスでは幅広いラインナップがあってどれにしようか迷うのですが、基本的には画像の有無、カメラの台数、モニターの台数でお値段が変わってくる様子。ひとまずBabies”R”Usのオリジナルブランドのモニター(画像あり、カメラ1台、モニター1台)を130ドルくらいで購入してきました。日本だと→のような感じでしょうか。

でまぁ、実際にやってみたところ、結果としては30分泣き続けた後に何事もなかったかのようにすやすや寝てくれました。

事前準備
お風呂に入れ、授乳し、絵本を読んで子守歌を歌い、「ねんねモード」を作り出します。サイトによっては授乳後30分はトレーニングを開始しないよう呼びかけていますが、まぁ確かに大人でも食べてすぐ寝ると健康に良くないと言いますよね。

1セット目 20:30から

  • 様子見 3分間 電気を消してほどなく泣き始めた。
  • あやし 2分間 泣き続ける
  • 様子見 5分間 泣き続ける。いやー悪いことしたかな…と思いつつ。
  • あやし 2分間 泣き続ける。
  • 様子見 7分間 泣き続ける…が、途中で断続的になる
  • あやし 2分間 泣き止んだ!…ので「寝たかな?」と思って顔を覗いたら目は開いてて、目が合ったら泣いたものの、すぐ泣き止む
  • 様子見 10分間 部屋を出て2〜3分で寝たのを確認。

うちの子は今までベッドで横にすると必ず泣いていたのですが、要するに寝るまで30分間かかるってことだったんですね。というわけで、赤ちゃんそれぞれで異なりますが、30分くらいは泣かせても大丈夫(=近所から苦情が来ない)な環境が必要そうです。

2セット目 夜2:00から

  • 様子見 3分間 泣き始める。
  • あやし 2分間 泣き続ける
  • 様子見 5分間 2分くらいで寝る。

実は21時頃に寝てから、22時、23時、…と1時間おきくらいに「うあーー」と声を上げたのですが、こちらが身構えるとすぐに静かになってまた眠りに入っていましたので、寝言のようなものかなと考えています。で、いつも夜間に授乳している夜2時くらいには、やはりお腹がすいたのか目を覚ましましたが、上に書いたように5〜6分で寝付きました。普段はこれを泣き止ませるために授乳してたんですよね…。

これ以降、ときどき声を上げていましたが、結局朝6時頃まで寝続け、わりとすっきりと目覚めたようでした。明日以降が楽しみです。

「2日目」に続きます


leave your comment